» 家族がうつ病の方向けの説明書

家族がうつ病の方向けの説明書

まずは、このページを開いていただきありがとうございます。 大切な家族がうつ病になり心配している方も多いと思います。 理解を深めることが治療の第一歩となります。 また、家族と書いておりますが、恋人などのパートナーに 置き換えても、ほぼ支障はありません。

うつ病は甘えか?

日本は、医療先進国ですが、精神医学に関しては他国にかなりの 遅れを取っています。そのことから、うつ病は甘えと言われたり、 24時間働けますかというバブルを経験した方の世代は、いわゆる 根性論で乗り切ってきたと思います。それはそれですごいことだ と思います。さてさて、前置きが長くなりました。 私もうつ病ですが、こちらの症状[うつ症状へのリンク]が現れます。 また、精神状態を分かりやすく例えると、大切な方を亡くした ような気分の落ち込みを想像してください。それが延々と続きます。 また、目まいや、視界も悪くなり、日常的な生活が困難になります。

うつ病の方との接し方

色々なサイトでも解説されていますが、実際の私視点での解説を 行いたいと思います。

  • うつ病について知る
  • ここまで読んでいただいた方は、大体のことは知ることが出来た と思いますので、省略します。

  • その人のうつの原因を知る
  • 様々な要因などでうつ病は起こります。まずは気軽に話してもらえるよう 聞き役に徹することが重要です。

  • 休ませる
  • 治療の基本は休息と投薬治療です。長い時間がかかるかもしれません。 お薬が効き始めるまで、2週間~1ヶ月はかかります。その間の副作用に より、苦しむことがあります。医師と相談をじっくりし、治療の過程を しっかり把握しましょう。

  • 薬をやめさせない
  • 良くなってきたから、危なそうだから、の理由でやめさせてはいけません。 やめさせるには医師との相談が必要です。また、良くなってきたからという 理由でやめると、数日後に薬からの離脱症状に苦しむことになります。 医師と相談し、徐々に減薬し、断薬というお薬のやめ方になります。

  • 話を重く受け止めすぎない
  • うつ病はうつるといいます。駄洒落ではありません。せっかく話を聞いている のに自分まで同じようになってしまうと、いけません。

  • 気分転換をさせない
  • 旅行にでかけてみてはどうか、食事に行かないか、など気分転換になるように 見えて、うつ病の方にはかなりの負担がかかります。実はその行為そのものが ストレスになります。友人に気遣ってもらい、日帰り旅行に行くと見事に 悪化しました。

【広告】