» パキシル

パキシル

パキシルの写真

パキシル表
パキシル表

効果・用法

・うつ病・うつ状態
成人1日1回夕食後20mg~40mgを経口服用します。服用は1回10mg~20mgより開始し、1週ごとに10mgずつ増量します。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減します。
・パニック障害
成人1日1回夕食後30mgを経口服用します。服用は1回10mgより開始し、1週ごとに10mgずつ増量します。なお、症状により1日30mgを超えない範囲で適宜増減します。
・強迫性障害
成人1日1回夕食後40mgを経口服用します。服用は1回20mgより開始し、1週ごとに10mgずつ増量します。なお、症状により1日50mgを超えない範囲で適宜増減します。
・社会不安障害
成人1日1回夕食後20mgを経口服用します。服用は1回10mgより開始し、1週ごとに10mgずつ増量します。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減します。

パキシルについて

ゆううつな気分や、やる気が出ない、集中できない、眠れないなどの心の症状を改善し、前向きになるのを助けます。不安や緊張をほぐし、気持ちを楽にします。うつ病のほか、パニック障害や過食症などに応用されます。

パキシルの豆知識

パキシルはイギリスのグラクソ・スミスクライン社で開発された、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)です。規格は5mg、10mg、20mgです。

パキシルの副作用

・口の渇き、吐き気、食欲不振、便秘
・眠気、不安感、イライラ、めまい、頭痛、だるさ、ふるえ
・目のまぶしさ・かすみ、尿が出にくい
・性機能異常、発汗、尿が出にくい、動悸、出血傾向
・発疹、かゆみ、発赤

パキシルのジェネリック

パロキセチン錠

パキシルについての見解

パキシルは吐き気がして、辛いという方が多いです。また、
それとは逆に食欲が増えたりという副作用が発生するそうです。
数週間で慣れるそうですが、結構きついものだと思いました。
また、離脱症状もひどいらしく、抗うつ剤としての選択肢から
真っ先に除外したものです。しかし、合う人には合う良薬なので
試してみる価値は有りです。

【広告】