» リフレックス

リフレックス

効果・用法

・うつ病・うつ状態
成人1日15mgを初期服用量とし、15mg~30mgを1日1回就寝前に経口服用します。なお、年齢・症状により適宜増減しますが、1日最高量は45mgを超えないものとします。増量は1週間間隔で15mgずつ行います。

リフレックスについて

ゆううつな気分や、やる気が出ない、集中できない、眠れないなどの心の症状を改善し、前向きになるのを助けます。不安や緊張をほぐし、気持ちを楽にします。うつ病のほか、色々な症状に適応されます。

リフレックスの豆知識

リフレックス四環系抗うつ剤です。うつ病、うつ状態などの治療に用いられます。NaSSAというカテゴリに分類されます。短時間で効果が発現し、効果は持続的です。規格は15mgです。

リフレックスの副作用

・眠気、傾眠、倦怠感、めまい、頭痛
・口の渇き、便秘、吐き気、腹痛、下痢
・手の震え、頻尿、体重増加
・動悸、血圧上昇

リフレックスを使用した感想

リフレックスはとりわけ眠かった覚えがあります。
また、食欲が異常に増えたのを覚えています。
そして、希死念慮が発生し、即中止しました。
食欲の増加に悩んでいる方も多いそうです。

【広告】