» ベンザリン

ベンザリン

ベンザリンの写真

ベンザリン表 ベンザリン裏
ベンザリン表 ベンザリン裏

効果・用法

・不眠症
成人1回につき5mg~10mgを就寝前に口径投与します。
・麻酔前投薬
成人1回につき5mg~10mgを就寝前または手術前にに口径投与します。
・異型小発作群(点頭てんかん、ミオクロヌス発作、失立発作等)
通常、成人・小児とも1日5~15mgを適宜分割服用するします。
・焦点性発作(焦点性痙攣発作、精神運動発作、自律神経発作等)
通常、成人・小児とも1日5~15mgを適宜分割服用するします。

なお、それぞれの場合において、年齢・症状により使用量を適宜増減します。

ベンザリンについて

脳の神経をしずめ、不安や緊張感をほぐし、気分をリラックスさせ自然に近い眠りに誘います。
けいれんを抑える作用もあります。

ベンザリンの豆知識

ベンザリンはベンゾジアゼピン系で中間型の睡眠導入剤です。シオノギ製薬が1967年に開発・発売しました。
翌日に眠気、だるさが残ることがあります。睡眠薬としてだけではなく、抗不安、抗けいれんなどにも処方されます。短期型のハルシオンやマイスリーに比べ、依存性が少ないというメリットがあります。規格は5mgと10mgです。

ベンザリンの副作用

眠気、ボーっとする、頭が重い、頭痛。
ふらつき、めまい、倦怠感、脱力感。
口が渇く、連用で効き目が悪くなる。

ベンザリンのジェネリック

ネルボン
ノイクロニック
チスボン
ヒルスカミン
ネルロレン

ベンザリンを使用した感想

重度の不眠がある私には10mgでも睡眠薬というよりは、不安に効く程度のものでした。
人によっては、翌日に残るというデメリットがあります。短期型の睡眠薬と合わせる
ことで、長い睡眠を取ることが期待できます。

【広告】