» ロヒプノール

ロヒプノール

効果・用法

・不眠症
成人1回につき0.5mg~2mgを就寝前に口径投与します。
・麻酔前投薬
成人1回につき0.5mg~10mgを就寝前または手術前にに口径投与します。

ロヒプノールについて

脳の神経をしずめ、不安や緊張感をほぐし、気分をリラックスさせ自然に近い眠りに誘います。

ロヒプノールの豆知識

ロヒプノールは中間型の睡眠薬です。一般的に入院患者など、他の睡眠薬に反応しないか、重度の不眠患者に短期間の治療を目的とされています。ロヒプノールはベンゾジアゼピン系睡眠薬で最も強力とされています。規格は1mgと2mgです。また、海外では麻薬指定されており、海外旅行に行く方は持ち運びに注意です。

ロヒプノールの副作用

眠気、ボーっとする、頭が重い、頭痛。
ふらつき、めまい、倦怠感、脱力感。
口が渇く、連用で効き目が悪くなる。

ロヒプノールのジェネリック

ビビットエース
フルヨラース
フルニトラゼパム
アメル

ロヒプノールを使用した感想

薬が中々効かない私でも、そこそこの役割を果たしてくれたお薬です。
効果は15分~20分で現れるらしく、1時間後に血中濃度が最高に達します。
しかし、そんないいところばかりのロヒプノールにも依存性が生じ、
短期間の投薬が望ましいとされています。

【広告】